無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
銀座ママが教える「できる男」の口説き方 |ますい さくら
銀座ママが教える「できる男」の口説き方銀座ママが教える「できる男」の口説き方
ますい さくら
PHP研究所 刊
発売日 2002-05-08
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★




ベストセラーとなった『銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方』の続編。銀座にある「ふたご屋」のママが、自らの体験や長年の人間観察から得た人間関係術を、豊富なエピソードとともに披露している。
内容に明確な論拠が示されていないことから、著者個人の経験や伝聞によるところが多いと思われるが、その内容が多くの心理学関連書、ビジネス書と通じる部分があるのは興味深い。「特別な人間として認められたい欲求は、誰にでもあります」という言葉は、デール・カーネギーの『人を動かす』で述べている内容とほぼ同じであるし、「口説かれるときは、女性は、自分に有利な言い訳が欲しいのです」という内容は、消費者の購買心理に通じるものがある。また、著者がベストセラーを世に出した後、「僕は、売れていて忙しい作家にしか、執筆は頼みません」とアプローチしてきた編集者と、「2匹目のどじょうを狙っているので、今の本のランキングが落ちる前に、次はぜひ、うちで出版してください」とアプローチしてきた編集者の例を挙げながら、人間心理を説くなど、ユーモラスなエピソードも枚挙に暇がない。
ビジネス書仕立てになってはいるものの、内容にはいわゆる「男と女」の話も多い。また、女性からの一方的な視点で書かれている部分が見受けられることから、男性読者が純然たるビジネス書と期待して読むと、違和感を覚えるかもしれない。だが、著者が「女性とは、感情の動物です」と述べているように、理屈では説明できない人間関係の機微を知るには有益だ。頭をやわらかくして読みたい1冊である。(土井英司)

ますいさん、まだ出すか?私、また買うか・・・。 2004-08-17
 前作を買って読んで、正直「だまされた」と感じて反省した(後悔
したかというと必ずしもそうではないところが・・・)。
 で、また続編が出た。「もうだまされないぞ」と構えたが、結局買
って読んだ。感想は、まあここのレビューに他の人が書かれているよう
なことだが。この本は、読んだ人が文句ばっかり言う割には、かなりす
ごいセールスを記録するという、まさに編集者の狙いがピタッとはまった
本でしょうね。銀座のクラブに全く、あるいはほとんど行ったことがない
読者を狙った巧みな企画・・・・。あと1冊くらいイケますね。私も
また買ってしまうかも・・・。
 星の数は正直、どうでもいい・・・・。
 


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/14に作成しました。

| | 口説く厳選書籍 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://bi-jyo.jugem.jp/trackback/50